PAYは長期で、トークンのパンプを期待するなら他社へどうぞ 【TenX定例ライブ 2017/9/19】 Vol.11

f:id:TenX-matome:20170924233218j:plain

こんにちは。マーン(@Maan10X)です。

今週はシルバーウィークということで、しばし暗号通貨界隈から離れて休息しておりました。(更新が遅くなった言い訳ですw)

2017/9/19に配信された週次定例ライブQ&Aの要約版を紹介します。和訳頂いたのは、毎度おなじみぴょん吉先生 (@pyonkichilondon)です。

 

 実際の動画はこちら。

週次定例ライブ概要

 今週は特に目新しい情報も少なかったので、サクッと紹介します。

  • カード新発行体とは契約完了して統合中ただ今発表するメリットなくデメリットだけ。カードが届きだしたらわかるだろう。
  • TenXウォレットへのETH統合が遅れてるのは申し訳ない。スケーリングOKで、Final Testのみ残している、2週間以内で完了予定(超優先事項)
  • ホームページをリニューアルする予定。遅れてるが95%できている。毎日のように変更、追加が出てきている。
  • DASHも同様、TenXウォレットへの統合はほとんどできている。
  • 上記は短期で若干遅れても中期には影響しない
  • Tetherは信用していないので採用予定はなさそう
  • Kraken(クラーケン)のDaveとは2週間に一回話してて興味がありそう(次は10月中旬)
  • ライセンス担当のイアナが10日前から働き始めて、もうすぐシンガポールに来る。アマゾンやペイパルで働いてた(ライセンス取得の期限は早くて6ヶ月、中間10ヶ月、遅くて15ヶ月)
  • ボラティリティを下げた商品について、優秀なチームを持ったスイスの会社と提携する予定(暗号通貨のリスク分散とヘッジをやっている)。どこだか調べればわかるかも。
  • COMITの進捗についてのブログを週末までに書く予定
  • 新カード会社は契約したのは確実で、それとは別にポールがアジアの特定地域向けのカード会社と交渉中(補足:新会社はユニオンペイではなさそう)

 

 以上、定例ライブQ&Aでした。

f:id:TenX-matome:20170822195233j:plain

ジュリアン消耗中

PAYの価格が下落していることもあり、嫌味や皮肉めいた質問がいっぱいあったようです。(中には競合他社もいるでしょうが)

今回はいきなり初っ端からPAYの価格について激しく語って、最後にも、「ここ数週間みんなの反応が変わってきた。それは僕が約束守れなかったからもある。」とか言ってて、ちょっと消耗気味だったご様子。(ピョン吉先生談)

しかし、TenXのことを信じてHODLしているホルダーなら、今回の内容は想定内です。むしろ他の自称デビットカード会社が四苦八苦する中、新カード発行会社を確保して何歩も先を行っているのです。ちなみに、カード申請している方はメール受信していると思いますが、新カードの発送は11月予定と訂正されています。(技術的にそうとう難しい部分があるのでしょう・・・)

 

f:id:TenX-matome:20170825201235j:plain

PAYは長期で考えよう

 回の定例ライブでも、PAYの価格が短期に上がることが一番大事なら、プロダクト開発よりトークンのパンプだけを考えてる他社に行ってくれてもいい。」と何度も口にしています。

先日も以下のツイート後にPAYが高騰しました。これまでデザイン面で問題のあった、VISATenXロゴ併記をこのような形(TenXマークとVISA)でクリアしたことが好感されたのかもしれません。

 

しかしジュリアンは、「あのポストで高騰するとは思っていなかった。価格は本来の価値を反映すべきなので、SNSで価格が上下するのは嫌。わかっていたら投稿しなかった。」とのこと。

価格は開発状況に連動して堅実に上がって欲しいと考えており、将来を見据えてこのプロジェクトに相当な自信があるのでしょう。

こういう姿勢はとても好感が持てますね。他の開発する気のない競合他社や、暗号通貨外の大手Fintech(VISA、Mastercardも含む)に脅威を全く感じてないとさえ言っています。

f:id:TenX-matome:20170923233514j:plain

やはり事業の肝であるCOMITが重要

正直なとこ、私も最近のPAY低迷は全く問題視していません。TenXのやろうとしていることは当初からブレていないと感じるし、 ちゃんと理想の未来を見据えて動いています。

むしろ直近のカード発行問題は、TenXにとって「災い転じて福となす」です。進捗は多少遅れていますが、あらかじめ新カード会社を確保していたので、競争的には圧倒的に有利な状況です。(Vol.9みてね)

そして何より、プロジェクトの肝であるCOMIT(開発中)はかなり注目・重要で、『業界の星』なのです。(カードメイペントはTenXのやりたいことの表層です)COMITは様々なブロックチェーンをオフチェーンで繋いで交換・両替するためのインフラ・プラットフォームです

私は、このCOMITというインターネットにも似たプラットフォームの完成こそが、TenXを確固たる地位へ押し上げると考えています。

和訳:Crypto Chick(通称:ひよこ) (@CCassets) | Twitter さん

 

 

 

マーンって一体何者・・?

www.tenx-matome.com