TenXまとめブログ 仮想通貨×デビットカード

仮想通貨×TenXカード=リアルワールドT

TenXが開発するCOMIT(コミット)とは?ブロックチェーンを繋いだ巨大な両替機 Vol.31

f:id:TenX-matome:20180206004304p:plain

TenXはカードペイメント事業が注目されていますが、その土台となるCOMIT(コミット)の開発をおこなっています。

この開発なしではTenXの事業は成り立たないといっても過言ではありません。

さて、このCOMITって何かご存じですか?

COMITは、複数のブロックチェーンを繋いだ「巨大な両替機」として機能します。

「情報の移転」と「価値の移転」

インターネットの登場 【情報の移転】

ご存知の通り、インターネットは世の中を大きく変えました。インターネットは元々ニッチな存在で一部愛好家しか利用していなかったものが、今となっては私達の生活に欠かせない存在です。


SNSなどで遠くに住む面識のない人と、直接繋がることも可能になりました。このブログでさえインターネットが繋がるところであれば、情報を直接伝えることができます。「情報の移転」が容易になったと言えるでしょう。

 

仮想通貨の登場 【価値の移転】

仮想通貨の登場で、これまでの「情報の移転」から、「価値の移転」が可能になりました。いずれの特定機関も介さず、世界中の人とP2P(peer-to-peer)で価値のやり取りができるのです。

 

世界共通の価値を持つものとして「金」があります。ビットコインはその性質からよく「金」に例えられますが、まさにビットコインを代表とする仮想通貨は世界共通の価値を持つものとなりました。
その価値が、誰の信用も必要とせず、世界中の人とP2Pに移転が可能となったのです。しかもとても簡単に。


これって革命的だと思いませんか?

私が仮想通貨に魅了された一番の理由です。

 

f:id:TenX-matome:20180206013819j:plain

COMITというマルチブロックチェーンプラットフォーム

COMITは巨大な両替機

仮想通貨にもビットコイン、イーサリアム、ライトコインと様々な通貨が存在します。
それぞれが単一のブロックチェーンで構成されており、ビットコインの送金情報をイーサリアムのチェーンに書き込むことはできません。
せっかく価値の移転が自由にできるようになったのに不便ですよね?

 

TenXが開発を進めるCOMIT(コミット)がこれを解決します。


ひよこさんがCOMITのホワイトペーパーを和訳したので、参考に紹介しておきます。

COMIT ホワイトペーパー 邦訳版 | ByteBall(Gbyte)研究会WP

 

COMITは、「A cryptographically-secure off-chain multi-asset instant transaction network」の略で、各種チェーンを繋げて、異なる通貨であっても価値のやり取りを可能とするプラットフォームです。
ブロックチェーン外(オフチェーン)の処理で価値を変換(両替)するので、スケーラビリティの問題もありません。手数料無料の即時両替です。

また、理論上どの通貨でも統合可能で拡張性があります。COMITの普及は、ビットコインが基軸通貨という概念を消し去るかもしれませんね。

 

事前に合意した異なるチェーンの仮想通貨を、第三者の信頼を必要とせず交換可能とするオンチェーンのアトミックスワップという技術もあります。COMITは、オフ環境(ブロックチェーン外)でそれぞれの通貨をマルチに統合し、「もっと自由に、もっと流動的に、もっと大規模に両替できるようにしよう!」という設計です。

 

f:id:TenX-matome:20180206014144p:plain

LP(流動性プロバイダ)の存在

COMITハブ(ノード)として、あらゆる機関がLP(流動性プロバイダ)として接続できます。交換したいのに「モノがない!」では意味がありません。LPが持ち寄る資産をルーティングして繋げることで、流動性を最大限に発揮させることが可能です。


始めはTenXのみがLPとして参入しますが、今後は銀行や取引所等のあらゆる機関が参入してくる予定です。そして、流動性を確保するにはまとまった大きな資金が必要です。

ここでTenXのLPが滞留させる資金として、ITS(イニシャルトークンセール)の成功による莫大な資金が活きてくるのです。これが他社が簡単にマネできない部分の一部です。(TenX日本コミュニティもLPとして参入予定)


LPは自身のハブを通じてやり取りされたトランザクションから、スプレッドによるインセンティブを得ることになります。スプレッドはLPが自由に設定することが可能です。

下の図のように、支払いには有利なレートが提供されているLPがルーティングされます。流動性が高まる程に極小スプレッドとなり、安く抑えられるでしょう。薄利多売のビジネスモデルですね。

f:id:TenX-matome:20180206014418p:plain

 

Visaやマスターカードなどのカードネットワークに接続

国際ブランド(VISAやマスターカード)のカードネットワークに取引データを連携することもできます。COMIT内で仮想通貨⇔仮想通貨の両替だけでなく、TenXのLPが仮想通貨⇔法定通貨の両替も行って、カードの決済データを連携します。
変換時のレート取得には、ORACLE(オラクル)が利用されます。ORACLEとは「現実世界のデータをブロックチェーン等に取り込む為のデータベース」です。COMITの変換レートを信頼できる形で取得するために分散オラクルになることが予想されます。(オラクルは複数企業が開発しています)


オフ環境での両替によりトランザクションフィーは無料で、マイクロペイメント(少額決済)にも相性が良いでしょう。現実世界への橋渡しも担っているのですね。

 

オーストラリアの研究開発チーム「CoBloX」

COMITはまだ開発中であり、オーストラリアに専門チーム「CoBloX」を設立しテストを進めている段階です。今はCOMITの動きをTenXがリスクを取り、擬似的に稼働させているに過ぎません。

これができたら業界に激震が走るほどのスゴいことなのです。この世界に遅れは付きもので様々な困難があると思いますが、設計上は実現可能な見立てです。TenXならきっと成し遂げてくれるでしょう。

 

f:id:TenX-matome:20180908230631p:plain

 

他のプロトコル系プロジェクトとの比較

TenXが構築しているCOMIT以外にもプロトコルを用いた交換を目的とするプロジェクトが多数あります。0xAirSwapKyberNetworkBancor等はETHチェーン上のみで動作します。ここらへんは続々とプロジェクトが進行している印象です。

Cosmosはオンチェーン・マルチチェーン・マルチトークンですが、COMITは、オフチェーン・マルチチェーン・トークレスの仕様です。

この「トークンレス」というのは、TenXがこだわる大きなポイントです。

例えばインターネットを使うのに専用のトークンが必要だったら、ここまで発展しなかったでしょう。それを利用するのにトークンが必要であることは、参入障壁を高めることになります。

COMITは、誰もが標準的に利用できる公共資産となることを目指しています。

 

COMITはみんなの公共資産

COMITはOSS(オープンソースソフトウェア)で、みんなの公共資産となります。あらゆるサードパーティがCOMITプロトコルを利用して、自身のサービスに統合できるようなります。


そして両替にトークンは不要です。COMITではトークンなしで第三者に依存せず、みんなに使ってもらいやすいソリューションとしています。ちなみにここで言うトークンと、TenXのPAYは全く別物なので・・・念のため。

 

当然APIも用意され、様々なアイディアでCOMITが利用されるでしょう。

COMITを用いたDEX(分散取引所)でマージントレードやレンディングもできるかもしれません。ファンド運用もなされるでしょう。取引所もCOMITに接続すれば自社で資産を全て保有する必要もないでしょうし、インターネットショッピングで異なる通貨での支払い・受取りも可能でしょう。

どんなサードパーティが、どんなサービスを考えてくれるのか楽しみですね。


TenXと仲良しのMAS(シンガポール金融当局)もCOMITに興味を持っているらしく、将来的にデジタル通貨(暗号フィアット)の統合もあるかもしれません。

MASはUbin・Project(ウビン・プロジェクト)と呼ばれるブロックチェーンを使ったデジタル通貨の実証実験を行なっています。ちなみにこの技術にはイーサリアムが使われています。世界初のデジタル通貨発行はSGDになるかもしれませんね。
ボラティリティの低い金融資産を統合できれば、様々なサービスへの応用が可能となります。

 

f:id:TenX-matome:20180227162846j:image

COMITのトランザクション手数料はPAYホルダーへ配分

COMIT内でのあらゆるトランザクションから発生する薄利なインセンティブが、TenXの収益となる予定です。

但し、「公共性」という観点から、TenXに収益があり過ぎても成り立ちません。ここはLP接続の仕様がどうなるか楽しみなところです。

そして、ここでの収益はPAYホルダーへ還元されることが想定されています。PAYの持分比率による0.5%の報酬は、カード決済分だけではないのです。(但し、証券に絡むトークンモデルの構造により、不透明な状況ではあります)

 

 f:id:TenX-matome:20180214193852j:image

 

TenXのカード事業は一部分で、事業の柱が「COMIT」だと思うのはこれらが理由です。

インターネット上に「価値の移転」のプラットフォームとして作られる新たな土台がCOMITであり、公共資産として暗号通貨全体の発展に寄与し、活用されることになります。

そしてこのプラットフォームがあるからこそ、「為替手数料無料」「支払い発生時のリアルタイム換金」「ベストレートの採用」等々、他社よりも有利な条件でカード利用が可能です。(逆に条件が良すぎるカードプロジェクトは、少し疑った方が良いかもしれませんね・・・)


COMITの広がりは実質無限大!どうでしょう?ワクワクしませんか?

以下は、COMITに特化したQ&Aのブログ記事です。かなり長い記事ですが、詳しく知りたい方は参考にしてください。

blog.tenx.tech

 

マーンって一体何者・・?

www.tenx-matome.com