TenXまとめブログ 仮想通貨×デビットカード

仮想通貨×TenXカード=リアルワールドT

TENXトークン請求方法、本人確認手順(KYC)について Vol.33

f:id:TenX-matome:20190402230648p:plain

こんにちは。マーンです。

待ちに待ったTENXトークンの請求方法について、手順が公開されました。

トークンの請求期限は、日本時間2019年4月27日AM0:59までです。

(2019/4/6追記)請求期限は7月26日まで延長されました。

 

TENXトークンの詳細については、以下の記事でもまとめています。

PAYトークンを持っていた方は請求の権利がありますので、参考にして下さい。

http://www.tenx-matome.com/entry/2019/02/13/150055

 

 

はじめに

TENXトークン請求プロセスには、2つの異なるイベントがあります。

(1)TENXトークン請求

(2)TenXアプリケーションでのアカウント検証

です。

 

必要なものは、
・2段階認証済みのTenX Walletアカウント

・スナップショット時点のEthereumアドレスからの署名付きメッセージ

・パスポート

・英文での現住所証明

 です。

 

(1)TENXトークンの請求方法

以下の記事で手順が公開されています。

https://blog.tenx.tech/tenx-token-claim-guide-829d5e90b6ce

 

この記事では、和訳して手順を紹介していきますね。

5つのステップにて、TENXトークンの請求が可能です。

 

ステップ1https://tokenclaim.tenx.tech/ にアクセスして、TenXウォレット(アプリ)と同じアカウントでログインします。

 

 


ステップ2:6桁の2FA認証コードを入力してください。

 

 


ステップ3:個人情報が正しいことを確認してください。誤っている場合は、[ My INFO IS OUTDATED]をクリックすると、TenXアプリで個人情報を更新する方法が表示されます。

注意:以前にTenXアプリでアカウントの確認を完了している場合は、この手順を省略可能

 

 


ステップ4:署名したメッセージを貼り付けてください。メッセージをコピペすると、署名欄の下にスナップショット時点のPAY残高が表示されます。

チェックボックスをオンにして署名付きメッセージの秘密鍵を所有していることを確認し、[ PROCEED ]をクリックします。

注:2018年12月30日のスナップショットにて、複数のEthereumアドレスを所有している場合は、[ Add another signed message ] をクリックして別の署名付きメッセージを貼り付けます。最大20個のフィールドを追加できます。

 

 

署名の方法については、以下の記事で紹介されています。画像アリで丁寧に解説されているので、参考にしてください。

https://blog.tenx.tech/sign-message-instructions-for-ethereum-address-verification-2c8caee4c3af

blog.tenx.tech

 

要約すると、TenXアプリで登録しているメールアドレスを、メッセージ欄に入力して署名を作成します。そして、作成された署名を、https://tokenclaim.tenx.tech/ に貼り付ける手順となります。

LedgerNanoSを利用している方は、最新バージョン(1.5.5)までアップしてから実施してください。また、署名機能がないモバイルウォレットを利用している方は、秘密鍵からMEWにて署名を作成可能です。

  


ステップ5:ドロップダウンリストから、あなたの職業を選択してください。

 

 

これで完了です!!

 

成功すると以下のような画面で請求内容を確認できます。

複数アドレスある方は、ここの[ADD ANOTHER ADDESS]からも追加可能です。

 

f:id:TenX-matome:20190327002506p:plain

 

 

(2)TenXウォレットでの本人確認(KYC)手順

次のステップは、TenXウォレット(アプリ)でのアカウント確認(KYC)です。

 

TenXアプリで、左上隅の引き出しメニューをタップして、[ Verify my account ]をクリックします。ボタンがない場合は、

・3.11.4以降のバージョンにアップデート

・一度ログアウトしてログイン

・アプリを一度落として起動する

を試してみて下さい。

 

KYCの手順は、以下で紹介されています。

https://support.tenx.tech/hc/en-us/articles/360002848791-How-do-I-get-my-account-verified-

 

画面に沿って個人情報を入力していきます。過去にTenXアプリでの本人認証を実施している方は、Residence(居住地)Citizenship(市民権)を登録します。

 画像だけみても流れはわかると思いますので、ここでは補足情報を紹介しておきます。

 

Residence(居住地)

現在住んでいる住所を設定していきます。

設定内容は「英文での現住所証明」と同じ内容で登録しましょう。

 

Street → 番地以下

Street name → 大字・丁

City/Town → 市町村

State/province → 都道府県

で大丈夫だと思います。但し、1点注意。

 

ハイフンを入力するとエラーとなるため、半角スペースに置き換えて入力しましょう。

おそらくシステムのバグです。ちなみに、半角スペースでの入力でOKと回答をもらっているので、安心して入力してください。

 

次に、英文での現住所証明を画像でアップロードします。

「名前」「住所」「日付(3か月以内)」が鮮明に映るようにしましょう。

 

 Citizenship(市民権)

Personal detailsを設定します。アカウント作成時に氏名・生年月日は設定していますので、変更のある方だけ入力しましょう。

 

次に、パスポート情報と自撮り写真をアップロードします。パスポートは反射しやすいですが、全体が鮮明に映るようにしましょう。

 

最後に、[ SUBMIT PARTICULARS ] を押下して完了です。

もし提出に失敗した場合は、こちらを参照するかサポートに問い合わせてください。

 

あとは、TenXでの審査待ちです。KYCが完了すると、メールで通知が来るはずです。

TenXコミュニティメンバーは続々とKYC完了していますので、比較的早く審査してもらえると思います。(私は出遅れ組・・・)

 

(2019/4/6追記)申請から3日後に、以下メールを受信して手続き完了しました!!

Hi ⅩXXX


Congratulations! Your account is now verified.

If you're verifying your account to claim TENX Tokens, you have now completed the process and we will be in contact once the tokens have been issued. 

If you're verifying to order a card and live in an eligible country, you can now open the app and place/confirm your order.

Thanks,
TenX Team

 

 

もし質問等ある場合は、日本コミュニティでも回答可能ですので、ぜひお越しください。どんな質問でもお答えします!!

www.tenx-matome.com

マーンって一体何者・・?

www.tenx-matome.com